「Anker PowerCore+ 10050」「Anker PowerCore+ 13400」、発売開始

Anker PowerCore Series
本日、Ankerからまた新たに2つのモバイルバッテリーが登場した!

Anker PowerCore+ 10050」は10,000mAh以上のモバイルバッテリーにおいて世界最小を謳うコンパクトさが特徴。ポート数は1つだが、代わりに15分の充電でデバイスを最大8時間使用可能にする超急速充電技術「Qualcomm Quick Charge 2.0」に対応していることもポイントだ。

一方、「Anker PowerCore+ 13400」は最大出力2.4Aのポートを2つ搭載し、「iPhone 6」を6回、「iPad Air」を1回以上充電できる大容量モバイルバッテリー。

現在、「Anker PowerCore+ 10050」は初回限定価格として通常2,999円のところを2,699円、「Anker PowerCore+ 13400」は初回限定価格として通常3,999円のところを3,599円で販売されている!

以下にそれぞれの特徴をまとめたので紹介する!

「PowerCore+ 10050」と「PowerCore+ 13400」の特徴

今回発売が開始された「PowerCore+ 10050」と「PowerCore+ 13400」の主な違いは電池容量の他、ポート数と「Qualcomm Quick Charge 2.0」対応の有無となっている。

PowerCore+ 10050PowerCore+ 13400
電池容量10,050mAh13,400mAh
PowerIQ
VoltageBoost
充電時間4時間5時間
ポート数12
出力2.4A各ポート2.4A
(合計4.8A)
重さ236g306g
Qualcomm Quick Charge 2.0
充電目安iPhone 6:4回
Galaxy S6:3回
iPad Air:1回
iPhone 6:6回
Galaxy S6:3回
iPad Air:1回

「PowerCore+ 10050」に搭載されている「Qualcomm Quick Charge 2.0」は従来より最大75%早く対応機器を急速充電可能になる技術。ポート数が少ない分、接続したデバイスを高速で充電できる。ただし、多くの人が使用しているであろうiPhoneやiPadは「Qualcomm Quick Charge 2.0」に非対応であるため、恩恵を受けることができない。

幸いにもどちらもAnker独自技術である「PowerIQ」と「VoltageBoost」に対応しているため、これまで通りの高速充電は利用可能。また、USB-Cケーブルを用意すれば12インチ型MacBookも4〜5時間で満充電可能であると明言している。

地味ながらさり気なく便利になったのは「LED Wheel」の搭載。10段階で電池残量を確認することができるようになり、本体充電のタイミングを見計らいやすくなる。

Anker PowerCore+ 10050」は通常2,999円のところを今だけ2,699円、「Anker PowerCore+ 13400」は通常3,999円のところを今だけ3,599円で販売されている!気になる人はお早めにどうぞ!


あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!