約30%軽量化、最大出力は4.8Aに!Anker、「PowerCore 20100」を発売開始!

Anker PowerCore 20100mAh
大容量モバイルバッテリーがよりコンパクトに、より軽く。最大出力も増え、タブレットも2台同時に高速充電可能になった。

本日、Ankerから「PowerCore 20100mAh」が発売開始された!従来の「Astro E6 20800」と比較して約30%もの軽量化を実現。同社曰く、「20000mAh以上のモバイルバッテリーでは、最もコンパクト」だそうだ。

現在、3,799円で販売中。参考として、「Astro E6 20800」は最新モデルより重く、大きく、容量もわずかだが少ないのにも関わらず、4,999円。

特徴は以下にまとめたので、参考にどうぞ!


iPhone 6」なら最大7.2回も充電可能な大容量

以前紹介した「Anker PowerPort 10」と同じく、「PowerCore 20100」も接続されたデバイスによって最適な出力を行う技術「PowerIQ」に加え、ケーブルの抵抗によって電圧を調整する技術「VoltageBoost」に対応。Anker製品ならではの超高速充電を実現している。
Anker PowerCore 20100mAh
20,100mAhという大容量のバッテリーさえあれば、「iPhone 6」でも7.2回の充電に対応可能。「iPad mini 3」であればなんと2回もフル充電可能だという。それにもか関わらず、本体は「Astro E6 20800」よりもコンパクトに。本体サイズは30%小型化し、重さも27%軽くなっている。
Anker PowerCore 20100mAh
用意されている2つのUSBポートは最大2.4Aの出力、合計4.8Aに対応。モバイルバッテリー1つでタブレットを2台同時に充電することさえも可能なのだ。
Anker PowerCore 20100mAh
他にも高い安全製を誇るパナソニック製バッテリーセルを採用し、サージ保護機能とショート防止機能を搭載することによって長期間安心して使い続けてもらえる技術も組み込まれている。

参考として、「Astro E6 20800」との仕様を比較しておく!

PowerCore 20100Astro E6 20800
容量20,100mAh20,800mAh
合計出力4.8A4.0A
出力ポート数USB × 2 (PowerIQ®搭載)USB × 2 (PowerIQ®搭載)
サイズ約166 x 58 x 22mm166 x 80 x 22mm
重さ約356g450g

また、人によっては非常に重要視している本体の触り心地だが、従来の安っぽさ丸出しのテカテカな加工からマット加工に変更され、グリップ感が増している。指紋も目立たず、握りしめた「PowerCore 20100」を机の上に置いても汚らしくない。

気になる人はこの機会に買っておくべし!


あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法