「iPhone 11」正式発表!Proモデルに引けを取らない魅力的な特徴や新機能を分かりやすく解説するよ

カメラはiPhone 11 Proと同じ広角+超広角、同じA13 Bionic、同じナイトモードやQuickTakeで十分”Pro”

Iphone 11 six colors

Appleが最初に発表した新型iPhoneは「iPhone 11 Pro」ではなく、「iPhone 11」だった。

ネーミングからも分かる通りiPhone 11」が今年のiPhoneの基本モデルであり、それよりも高いスペックがどうしても欲しい、という人は「iPhone 11 Pro」や「iPhone 11 Pro Max」をどうぞ、という位置付け。”Pro”モデルではないが、「iPhone 11 Pro」に引けを取らない魅力的な特徴や新機能が盛り沢山なのだ!

カラバリにパープルとグリーンが追加!上品だけどキュート

Apple iphone 11 family lineup 091019

「iPhone 11」は「iPhone XR」の後継モデルという位置づけ。もちろん、豊富なカラーバリエーションは健在だが、一部色が入れ替わり、今年はグリーンとパープルが追加されている。

第一印象としては、どちらも上品ながらキュートな色合いだということ。優しい雰囲気が人気出そう!

カメラは望遠ではなく、超広角レンズが追加!

Iphone 11 camera

「iPhone 11」には「iPhone XR」にはなかった超広角レンズが追加!「iPhone XS」は広角+望遠という組み合わせのデュアルレンズだったが、「iPhone 11」は広角+超広角という構成に。

超広角レンズで撮影すると、何が変わるのか。一言でいうと、今までと比べて4倍広く撮影できるようになるということ。

こんな立派な風景写真がiPhoneで撮影できるようになる。
Apple iphone 11 landscape shot ultra wide camera 091019

こういう画角も超広角ならでは!
Apple iphone 11 solo shot ultra wide camera 091019

このレンズ構成は「iPhone 11 Pro」シリーズと同じ。望遠レンズなんて必要ないよ、という人は「iPhone 11」でも十分!同じ広角+超広角カメラを楽しむことができて最高

「暗い場所で撮影できない」なんて過去のもの!ようこそ、ナイトモード!

Apple iphone 11 night mode 091019

「暗すぎてiPhoneだと撮影できない」と言っている人は、古いiPhoneを使っている人だけ。「iPhone 11」からは暗い場所でもバリバリ撮影できるナイトモードが追加。

フラッシュを使って不自然に照らされている友達の顔の写真でゲラゲラ笑えるのもいいけど、やっぱり良い写真が撮りたいよね、「iPhone 11」なら撮影できるよ!もちろん、これも「iPhone 11 Pro」と同じ。

写真撮影中に素早く動画撮影!それがQuickTake!

QuickTake

「iPhone 11 Pro」と同様に、「iPhone 11」なら写真を撮影している時に動画撮影に切り替える「QuickTake」に対応!しかも、モードを切り替えるとかはなく、カメラアプリのシャッターボタンに指をおいたままにするだけ。なんて簡単なの!

そのままビデオを取り続けたくなったら右にスワイプするだけ。簡単!

セルフィは本体を横向きにすれば広角に!しかも”スローフィ”対応!

スローフィ

「iPhone 11」の内向きカメラは「iPhone 11 Pro」と同じく内向きカメラも進化。縦向きに持ったままの画角は変わらないが、横向きにした途端……ズームアウト!画角が広くなり、セルフィでも隣の人が写真内に収まるように!

そしてAppleは”スローフィ”という新しいセルフィを提案。120fpsのスローモーション撮影ができるようになったことを活かしてスローモーション撮影動画を撮って欲しいんだとか。

……なんだよちょっと面白そうじゃん……!

本体の強度も上がって防水性能もアップ

防水性能

「iPhone 11」は「iPhone XR」よりも本体がより丈夫になり、二重のイオン交換プロセスで強化。さらに、防水性能もIP68等級になり、最大水深2メートルで最大30分間まで耐えられる仕様に!安心感が違う!

Face IDの認証速度も30%高速化、画角も改善されて使い勝手が良さそう!

Face ID

「Face ID」はそれなりに便利だが、とにかく認証してくれる画角が制限されていて使い勝手が悪いと感じることもしばしば。

「iPhone 11」では30%も高速化されているだけではなく、認証画角が広くなっているのでもっとざっくりiPhoneに顔を向けても認証できる……はず!これも「iPhone 11 Pro」シリーズと同じ!

もちろん、チップはiPhone 11 Proと同じA13 Bionic

A13 Bioinic

「iPhone 11 Pro」と同じ「A13 Bionic」を内蔵しているので、処理能力はProモデルと変わらず。少し安いからと言って性能が犠牲にされることは一切ない。同じようにハイエンドゲームをバリバリプレイしてもサクサク!

電池持ち?iPhone XRよりもさらに1時間長くなったよ!

Iphone 11 battery life

もちろん、電池持ちの良さは「iPhone XR」から引き継ぎ、さらに1時間も長くなっている!

コスパ抜群の「iPhone 11」、価格は値下げ!よりお手頃に!

「iPhone 11 Pro」に負けず劣らずの「iPhone 11」だが、価格はというと遥かに安くてリーズナブル。なんと税別74,800円から購入できるのだ!

  • 64GB:74,800円
  • 128GB:79,800円
  • 256GB:90,800円

もちろん、みんなが”ちょうど良い”と感じるストレージ容量モデルである128GBモデルも用意。しかも64GBからたったの+5,000円なので、買うなら間違いなく128GBモデルを選んだ方が良いと思う。

予約受付は9月13日(金)の21時からスタート。普段より遅いので要注意!発売は9月20日(金)!これはかなり人気が出そうだぞ……!

コメントを残す(9件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(9件)
  1. 通りすがりの読者

    カメラの所が増えてダサくなった

  2. 通りすがりの読者

    本体サイズがiPhone8と同じだったら即決だったのになぁぁぁ

    1. g.O.R.i

      それはちょっとねぇ(;´∀`)

  3. 通りすがりの読者

    XやXsみたいに望遠レンズではなく超広角レンズを積んだのは後者の方が需要があるって判断なんですかね? 望遠は画質はともかくとしてデジタルズームで代用できますし それとも今回は超広角レンズが一番のセールスポイントと思ってるから全機種搭載?

    1. g.O.R.i

      望遠レンズって使われていないみたいなんですよね。使うような人はむしろ結構カメラをガッツリ使う人、みたいな。そして、iPhone XSはもともとポートレートモードが広角レンズのまま利用できる仕組みだったので、望遠レンズになるとそれが崩れてしまうんですよね。なので、僕は広角レンズと超広角レンズになると予想していました!あと、全機種に超広角レンズがあった方がマーケティング的にも良かったんでしょうね!

      1. 通りすがりの読者

        あれ?XSのポートレートも広角レンズだけでしたっけ? XRのことでしたら確かにレンズ1つでポートレート!ってアピールしてましたし望遠積んだらあの機能なんだったんだよってなっちゃいますよね 自分はデジカメ使わずiPhone XSオンリーで望遠よく使うんですけどあるから使ってたって感じで超広角とどちらがいいかと言われたら究極的にはどっちでもいいかなぁ つまりこれは両方あるやつを選べってこと!?

        1. g.O.R.i

          XSは望遠+広角で望遠の画角でポートレートモードに!XRは広角の画角でポートレートモードですね!カメラを使いまくるなら11 Proの方がいいですね!今比較記事書いているのでお待ちくださいませー!

          1. 通りすがりの読者

            比較記事楽しみです!

          2. g.O.R.i

            あと15分ぐらい!!!!!

「iPhone 11」新着記事
トレンド検索