iOS 14.5、バッテリーの状態報告を再調整へ iPhone 11シリーズのバグに対応

「バッテリー消耗が想定外に速い」「ピークパフォーマンス性能が低下」などの症状に対応

Battery Message for iPhone11 series

Appleサポートより

Appleは3月31日、サポートページ「iOS 14.5 のバッテリーの状態報告の再調整について」を公開。iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Maxの一部機種で確認されていた、バッテリー状態の予測が精度を欠く症例に対処するという。

「実際のバッテリーの状態に問題があるというわけではありません」

このバグには、バッテリーの消耗が想定外に速いという症状があり、ピークパフォーマンス性能が低下するという症例も報告されている。Appleによるとバッテリーの状態報告が精度を欠いているだけで、「実際のバッテリーの状態に問題があるというわけではありません」と説明。次期アップデートでは、バッテリーの状態報告システムが、バッテリーの最大容量やピークパフォーマンス性能が再調整される。

バッテリーの状態報告システムによる再調整中は、「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」にメッセージが表示される。最大容量とピークパフォーマンス性能の再調整は、定期的な充電サイクルの間に行われ、数週間かかる場合もあるそうだ。

再調整が終わると、最大容量 (%) とピークパフォーマンス性能が更新され、再調整のメッセージも削除される。バッテリーの状態報告の再調整の結果、バッテリーの状態が著しく劣化していることが判明した場合は、バッテリーの修理サービスを案内するメッセージが表示される。

再調整をしてもうまくいかず、バッテリーの修理サービスを案内するメッセージが新たに表示されることがある。その場合は、Apple 正規サービスプロバイダでバッテリーを無償交換が依頼可能だ。

iOS 14.5は、今春リリース予定。他にもマスク着用時でもApple WatchでiPhoneのロック解除が可能になる新機能デュアルSIMの5G完全対応などのアップデートが準備されている。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 14」新着記事
トレンド検索