クラファンEXPO’19 β版:ロア・インターナショナル、HYPER製ワイヤレス充電器などを展示

Roa international crowdfunding expo 2019

日本ポステック株式会社が1月26日に開催した「クラファンEXPO’19 β版」にて、ロア・インターナショナルはスタンド型ワイヤレス充電器にもなるUSB-Cハブ「HyperDrive 8 in 1 USB-C Hub + Qi Wireless Charger Stand」を含む、同社が取り扱う複数の製品を展示していた。

ソーラーペーパー、ワイヤレス充電対応完全ワイヤレスイヤホン、など

Solar Paper by YOLK

これは「Solar Paper by YOLK」という、「CES 2017」でイノベーションアワードを受賞したソーラーペーパー。IP54(生活防水)に対応し、太陽光を使って搭載されている2つのUSBポートを使って端末を充電することが可能。
CrowdFunding Expo Beta 2019 Photos 02

ソーラーペーパーを追加することも可能。マグネットで繋げることもできるが、より固定するためにボルトも用意されているとのこと。2枚のパネルで5W、3枚のパネルで7.5Wの出力が可能になるという。
CrowdFunding Expo Beta 2019 Photos 03

この手の製品が活躍するのは、アウトドアや災害時。特に昨年は震災なども多く、その度に電気の確保やスマートフォンの充電は問題になっていた。

モバイルバッテリーはいつか底をつきてしまう。太陽光さえあればいつでも給電できるソーラーペーパーは1台あるといざという時に役立ちそうだ。

Air Twins+

CrowdFunding Expo Beta 2019 Photos 07

これはYell Acousticの、充電ケースに入れてQi対応のワイヤレス充電器に置くだけで充電が出来る、1,500mAhモバイルバッテリー付きの完全ワイヤレスイヤホン「Air Twins+」。「Makuake」にて先行販売を実施したところ、目標金額100万円に対し、380万円以上の支援を集めている。

HyperDrive 8 in 1 USB-C Hub + Qi Wireless Charger Stand

CrowdFunding Expo Beta 2019 Photos 08

以前僕もレビューした「HyperDrive 8 in 1 USB-C Hub + Qi Wireless Charger Stand」はスタンド型ワイヤレス充電器にもなるUSB-Cハブ。海外クラウドファンディングにて約1億5千万円を調達することに成功した大ヒット商品。

USB-Cハブとして機能するだけではなく、ワイヤレス充電機能が内蔵され、その充電台を平らにすることもスタンド型にして立てることもできるのが特徴となっている。

ULTRA STRONG TIGER CABLE 3in1

CrowdFunding Expo Beta 2019 Photos 11

ULTRA STRONG TIGER CABLE 3in1」はフランス生まれのブランドMuvitのどんな使用環境でも断線しにくい3in1マルチ充電ケーブル。

クラウドファンディングサービス「Makuake」にて先行販売を実施したところ、目標金額30万円に対し、160万円以上の支援を集めることに成功している。

あわせて読みたい