Twitter、アカウント凍結した場合、メールで違反ツイートを具体的に連絡すると発表

Checking my iPhone GoriMe 01

Twitterは3月15日、Twitterルールの違反を理由としてアカウントが凍結になった場合、どのツイートがルールに違反しているのかを、メールで具体的に連絡することを明らかにした。

メール内に異議申し立てのリンクも用意

Twitterは、知的財産権の侵害、写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ、誹謗中傷、攻撃的な行為やヘイト行為、公序良俗に違反する行為やスパム行為など、同社が規定したルールに反するアカウントは一時的または永久的に凍結する場合があると説明している。

ただし、これを逆に利用して嫌がらせまたはいたずらとして特定のアカウントを通報し、アカウントが凍結されるという事案が発生。不満の声が上がっていた。

今回、具体的な違反内容をメールで知らせることによって、アカウントを凍結されたユーザーは明確な理由を知ることができる。また、メールには異議申立てを行う際のリンクも案内されるとのこと。