Twitter、データ通信量を最大70%軽減できる「Twitter Lite」を発表

Twitter Lite

Twitterは2017年4月6日、データ利用量を最小限にし、読み込み速度をアップさせ、不安定なネットワークでも利用しやすくし、デバイス上の容量も1MB以下に抑えるように設計された「Twitter Lite」をリリースした。

リリースされたのはアプリではなく、Twitterのモバイルウェブ版にデータセーブ機能を追加したような形だ。

起動時や利用時の読み込み速度は最大30%向上。ウェブ版なので、Twitterの基本的な機能であるタイムライン、ツイート、ダイレクトメッセージ、トレンド、プロフィール、画像などのアップロードなど、通常版と変わらずに利用することができる。

ターゲットは高速モバイル通信環境が整っていない地域

「Twitter Lite」はGoogleと共同で開発され、ウェブとアプリ両方の利点を活かすことができる「プログレッシブ ウェブアプリ(PWA)」を使用。Androidスマートフォンの場合、ネイティブアプリのように通知を受信することができ、アプリドロワーの中に追加することができる。iPhoneの場合、残念ながら通知は受信できない。

モバイルデータ量をより軽減するためにデータ節約モードも追加。このモードでは画像や動画をプレビューで表示し、フルロードしたいものだけを選ぶ仕組みになっているため、最大70%ものデータ通信量を節約することができるという。

Twitter Lite Data Saver

日本ではどの通信キャリアを利用しても快適にLTE通信を利用することができるが、世界的に見るとこの環境は非常に恵まれていることが分かる。GSMAの調査によると、2016年末時点におけるモバイルユーザーの45%はまだ2Gの通信速度を利用していることが発覚。高速モバイル通信環境が整っていない地域でもTwitterを楽しめるように「Twitter Lite」をリリースしたそうだ。

言ってしまえばTwitterのモバイルウェブ版にデータ節約モードを追加しただけかもしれないが、毎月通信制限に引っ掛かっているような人でTwitterを利用している人は活用するべきだろう。「Twitter Lite」はmobile.twitter.comにアクセスすれば試すことができる。

ちなみに、LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」を契約すればそもそもTwitterのデータ通信量がカウント対象外になるので毎月悩んでいる人はこちらからどうぞ

あわせて読みたい