Twitter、「返信できるアカウント」を投稿後でも変更可能に

意図せずバズってしまったツイートに対する返信が鬱陶しいときはすかさず変えよう

Changing who can reply

Twitterは7月14日、ユーザーがツイート投稿後でも「返信できるアカウント」を変更できる機能を提供開始した。従来は返信可能範囲は投稿前に指定する必要があった。

投稿内容の反響が予想外に大きくなったときに有効な機能

「返信できるアカウント」は、「全員」「フォローしているアカウント」「@ツイートしたユーザーのみ」から選択可能。デフォルトでは「全員」に指定されている。

投稿内容の反響が予想外に大きくなり、知らない人からの返信で精神的に疲弊してしまうようであれば、ツイートの返信範囲をすぐに指定しよう。対象ツイートの右上にある「…」ボタンをタップし、「返信できるユーザーを変更」から変更できる。
Who can reply

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索