Twitter、ツイートに返信できるユーザーを制限する機能をテストへ

嫌がらせ防止だけではなく、特定のユーザーと議論するために活用できる

Twitter Conversation settings in testing

【image via Twitter Japan】

Twtiterは5月21日、ツイートに返信できるユーザーを制限する機能をテストすると発表した。デフォルトでは全員が返信可能だが、フォローしている人、または指定した人のみが返信できるオプションが用意される。

返信できない人でもツイートの閲覧やリツイートは可能

返信が制限されるツイートにはラベルが付けられ、返信アイコンはグレーアウトされる。ただし返信できない人も、ツイートを見たり、リツイートしたり、コメント付きリツイートしたりすることは可能。

返信できるユーザーを制限する機能は、iOS、Android、twitter.comの一部ユーザー限定で試験的に提供されている。一般公開の時期は明らかになっていない。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索