Twitter、24時間で消える投稿「フリート」を終了

新規ユーザーの獲得や利用者増に繋げるはずが、”ツイ廃の巣窟”になっていた

Twitter fleets

Twitterは8月3日、フリートの提供を終了する発表した。フリートは24時間で投稿が消える、Instagramのストーリーズに似た機能だ。2020年11月に全世界で一般公開された。

Twitterは、フリートの導入で利用者数が増加すると見込んでいた。しかし実際は既存ユーザーが、ツイートの露出度を高めるために使用していると判明。新規ユーザー獲得に繋がっておらず、機能の提供終了を決断したという。

Stickers for Fleets on twitter

フリートが表示されていた画面上部のエリアは、開催中のスペースがあれば表示される。フリートの一部機能は今後も活用される予定。全画面カメラ、テキストのフォーマット、GIFステッカーなどは、新規ツイートを作成する画面への導入を計画している。

公開情報
更新日2021年08月04日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:606087)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:606086)
    24時間で消える機能が24ヶ月もたなかったんですな

    (ドヤァ

  2. 通りすがりの読者(コメントID:606086)

    24時間で消える機能が24ヶ月もたなかったんですな

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索