Twitter、Proアカウントを提供開始 メリットや注意点など

Twitterの高度なプロフェッショナル向けツールを利用可能になる「Twitter Pro」、アカウントを切り替えるべき?

Twitter for professionals

Twitterが、「Proアカウント」の提供範囲を拡大した。サービスは10月1日開始され、11月3日頃から多くの人がアプリ上に「Twitter Pro」が表示されるようになった。

TwitterのProアカウントでは何ができるのか、個人アカウントから切り替えるメリットや注意点などについて、簡単にまとめた。詳細はTwitter公式のヘルプセンターを参考にしてもらいたい。

TwitterのProアカウントの概要を概説

TwitterのProアカウントとは

Twitterは「プロフェッショナル」を「Twitterを商用目的で利用する個人または団体」と定義。仕事でTwitterを利用して生活する人はプロフェッショナルとしている。

Proアカウントになるメリットは、Proプロフィール、Twitterショッピング、クイックプロモートなど、Twitterの高度なプロフェッショナル向けツールを利用できること。行個人アカウントからの移行は完全無料だ。

Proアカウントに認定される条件

Proアカウントは、Twitter公式アプリでアイコンをタップすると出現するサイドバーの中に、「Twitter Pro」のメニューがあれば利用できる

Proアカウントに認定されるためには、以下の資格要件を満たす必要がある。

  • Twitter利用者契約に複数回違反していないこと。
  • アカウント名、自己紹介、プロフィール写真など、プロフィールのあらゆる項目が設定されていること。
  • 認証済みの個人情報がプロフィールで確認できること。プロフィールで他の人物、ブランド、組織の名を騙っていないこと、他者を欺く目的で偽の個人情報をプロフィールに掲載していないこと。ブランドや組織と直接提携している場合を除き、動物や架空のキャラクター画像をプロフィールに使用していないこと。パロディアカウント、ファンアカウントはProアカウントとして認証されません。

利用規約を複数回違反していないこと、アカウントのプロフィールがすべて設定されていること、認証済みの個人情報が確認できること、が条件だ。ファンアカウントやパロディアカウントは認証されない。また動物や架空のキャラクター画像をプロフィールに使用している場合も、認証されないそうだ。

Proアカウントの注意点

Proアカウントに関するポリシーによると、Proアカウントを持ついかなるユーザーは、資格要件を満たしている必要がある。

以前にProアカウントの作成、Proプロフィールの有効化、またはクイックプロモートへのアクセスを行うことができたとしても、後に資格要件を満たしていないことが判明した場合、Proアカウントの利用を一時的に停止する場合があると説明している。

また行動とコンテンツに関する違反行為が発覚した場合、背景や状況、重大度、履歴に応じて執行措置を実施。拡散の制限から、ProアカウントとProプロフィールの永久停止まで、一部またはすべて課される恐れがある。

Proアカウントで指定できる職業カテゴリは990種類

Twitter Pro gori me

Proアカウントは、アカウントの職業を指定する必要がある。複数の指定はできない。ITジャーナリスト山口健太氏の調べによると、Proアカウントで指定できるカテゴリは990種類用意されているという。

Twitter公式のヘルプページ

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Twitterの使い方・設定」新着記事
トレンド検索