YouTube、デフォルトの動画プレイヤーをFlashからHTML5に切り替え

Youtube 【img via Youtube by clasesdeperiodismo

本日、YouTubeがデフォルトの動画プレイヤーをFlashからHTML5に切り替えること発表した


Google Chrome、Internet Explorer 11、Safari 8、Firefoxのベータ版ではHTML5ベースの動画プレイヤーで動画が再生されるようになっているとのこと。

HTML5が「Adaptive Bitrate(ABR)」をサポート

YouTubeはHTML5の動画プレイヤーは2010年1月頃にテスト公開しているが、デフォルトの標準プレイヤーとして採用するためにはまだ機能不足であると判断し、Flashをメインプレイヤーとして利用してきた。

発表内容によると、HTML5が技術的にFlash版プレイヤーを置き換えても差し支えないと判断した模様。特にユーザーのネット環境に最適な動画品質を調整することができる「Adaptive Bitrate(ABR)」をサポートしたことは非常に大きいと書かれている。

他にも「VP9」と呼ばれるコーデックをサポートしたことにより、ファイルサイズや読み込み速度の改善にも貢献するという。

Macは基本的にFlashとの相性は最悪だ。Flashによる動作不良があまりにも多かったため、昔はFlashを完全にブロックするプラグインなどを積極的にインストールしていたが、最近はそもそもFlashを見る頻度が減ったように思える。この流れは非常に良いのではないだろうか。


(via The Next Web

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー