iOSにはキーボードを左右に寄せる片手モードが存在していた

Secret Keyboard Hidden in iOS8
iOSにはキーボードを左右に寄せる片手モードが存在していることをデベロッパーSteve Troughton-Smith氏が明らかにしている

実際にiPhone上で利用することは出来ないが、シミュレータ上でハッキングすると下記ののようにキーボードを左右いずれかに寄せることができる機能が隠れていたようだ。

実は「iOS 8」の頃から実装されていた「片手モード」

実際にまだ正式な機能としてリリースされていないこの「片手モード」だが、実は「iOS 8」の頃から存在していたとのこと。つまり、Appleは「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発表した頃から片手入力を可能にする機能を検討していたことが伺える。

「片手モード」はキーボードの端をスワイプすることによって起動する。キーボードが片方に寄せられた結果、空いたスペースにはカット/コピー/ペーストのショートカットキーが表示される。

実際にシミュレータ上で動作しているスクリーンキャストも投稿されていたので、載せておく。


結局未だに実装されていないこの機能だが、代わりにAppleは「Reachability(簡易アクセス)」を提供。画面の高い位置にある要素をタップするには便利かもしれないが、文字入力時には役に立たない。


いずれ正式に機能としてリリースされるかどうかは定かではないが、「iOS 11」の新機能一覧にシレッと含まれているかもしれない。もしかしたら開発の優先度が低く、英字キーボード以外の言語の最適化がまだ完了していないのかもしれない。

日本語で片手キーボード入力をしたいという人は下記キーボードアプリが良さそう。最近アップデートで「3D Touch」で濁点文字を一発入力できる機能を実装したらしい。


(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー