Apple、「iOS 11」で32bitアプリのサポートを完全に終了か

Ios 10 3 beta 1 32 bit app alert

32bitアプリはいよいよ今秋で利用不可になる可能性が高まってきた!

iOS開発者Steven Troughton-Smith氏によると、Appleは「iOS 11」で32bitアプリのサポートを完全に終了する可能性が高いと指摘している!

将来的にはCPU自体も32bitをサポートしない可能性

iOS 10.3」で32bitアプリを起動すると「このAppは将来のiOSバージョンでは動かない可能性があります。Appの開発元は、互換性の向上のためにこのAppをアップデートする必要があります。」とポップアップで警告される仕組みになっている。

Steven Troughton-Smith氏はこれらの事実をツイートの中で明らかに。小耳に挟んだふんわりとした噂ではなく、iOS 11」が32bitアプリをサポート終了するとハッキリ伝え聞いている、と発言している。「A11 Fusion」チップを筆頭に、CPU自体も32bitをサポートしない可能性が高いという。

「iOS 11」で32bitアプリが完全に非対応となった場合の影響範囲は非常に大きい。Sensor Towerの調べによると、187,000件ものアプリが影響を受け、動作しなくなるとのこと。

先日正式リリースされたAppleの新しい動画編集アプリ「Clips」も32bitのデバイスはサポート対象外。32bitアプリを運営している開発者で9月以降もApp Storeで配信し続けたい人は早急に64bit対応を行ったほうが良いかもしれない。

(via 9T5oMac

FOLLOW / 最新情報を購読