「iPhone 7」の32GBモデル、256GBモデルと比べてストレージ処理速度が8倍も遅いことが判明

32gb iphone7 is slow
先日、GSMArenaの調査で「iPhone 7 Plus」の32GBモデルのストレージ処理速度が「iPhone 7」の128GBモデルや「iPhone 6s Plus」の64GBモデルと比較して異様に遅いことが判明。


ただし、この時はサンプル数の少なさからたまたまテストしていた端末が遅かったのではないかと結論付けた。

ところが、Unbox Therapyが同様のテストを実施した結果、やはり「iPhone 7」の32GBモデルは256GBモデルと比べてストレージ処理速度が8倍も遅いことが明らかになった!

書き込み速度は不具合かと疑いたくなるレベルの遅さ

今回、ストレージの処理速度を測定するために使用したアプリは「PerformanceTest Mobile」。

読み込み速度は256GBモデルが856MB/s、32GBモデルが656MB/sと多少差はあれど”不具合”と言うほどの差はなかった。問題は書き込み速度だ。256GBモデルが341MB/sだったのに対し、32GBモデルは42MB/sという信じられない遅さ。実に8倍以上もの差が出ている。

Unbox Therapyはベンチマークアプリだけではなく、実際に想定される利用シーンにおける影響を見せるため、15インチ型「MacBook Pro Retina」からiPhoneに4.2GBの動画を転送するテストを実施。

256GBモデルは2分34秒で転送完了したのに対し、32GBモデルは3分40秒も掛かっている。1分以上も差がある。



一般的にはストレージ容量が大きいSSDの方が処理速度は速いとされているが、それにしても32GBと128GBの差は大きい。当然ながら32GBモデルの方が安いことには違いないが、処理性能にこだわりがある人は128GBモデル以上を選んだ方が良さそうだ。


(via MacRumors

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告