「iPhone SE」を修理屋「SMART」で分解!これが本当の「開封の儀」だ

IPhone SE分解レポート
「iPhone SE」が発売開始され、その日のうちに分解レポートが公開された。僕は「iPhone SE / 64GB / スペースグレイ」を購入し「iPhone 6s Plus」から置き換えて使ってみているが、やはり片手で操作できるのは便利だ。

ところで、「iPhone SE」は「iPhone 6s の内部を持った iPhone 5s」であることが分解レポートで明らかになったが、実際にiPhoneを分解するというのはどのような作業が必要とされるのだろうか。内部の美しさに拘っているAppleだが、実際本当にiPhoneの内部は美しいのだろうか。

以前、「MacBook Air」のバッテリー交換サービスを開始したことを伝えた、iPhone修理・Android修理・パーツ・アクセサリ販売の専門店「SMART」の協力のもと、gori.meとして初めてiPhoneの分解作業に立ち会わせて頂くことができた!

まさに本当の「開封の儀」!慣れた手つきで次々と分解される様子にも興奮したが、何よりもリアル基盤を前にして思わずフガフガしてしまったのは言うまでもない。う、美しい!

普段、気にも留めないiPhoneを構成する部品を単体で見ることができるので、iPhone SE / 16GB / ローズゴールド」の分解レポート、どうぞご覧あれ!

※今回、特別にiPhoneの修理に関するgori.me読者限定の特別キャンペーンも用意して頂いたので、近々iPhoneを修理したいという人は最後まで読み進めるべし!

ネジ数本で取り外されたディスプレイ/フロントパネル

まずはフロントパネル/ディスプレイの部品をバックパネルと分離させるところから始まる。
IPhone SE分解レポート
底面にあるネジを外し、ヘラのような道具でこじ開けると……
IPhone SE分解レポート
……開いた!あっさりすぎてビックリ。
IPhone SE分解レポート
バッテリー部分が出現。やはりデバイスの大部分はバッテリーだ。
IPhone SE分解レポート
この時点で既に「iPhoneの内部は美しい」ということは事実であるということが言える。他のデバイスの内部を見たことがないので相対的に美しいかどうかは分からないが、正直これほど綺麗に整っているとは思っていなかった。
IPhone SE分解レポート
まだフロントパネル/ディスプレイの部品は本体とネジで取り付けられていたため、それらのネジを取り外す。
IPhone SE分解レポート
意外と指先でガツガツ取り外していたことにも驚いた。
IPhone SE分解レポート
フロントパネル/ディスプレイ用部品と本体、無事切り離し完了!
IPhone SE分解レポート

Lightningポートやスピーカー、iSightカメラなど

続いて本体下部の方に取り付けられているパーツを取り外し始めた。
IPhone SE分解レポート
ドライバーに加え、強そうなピンセットのような道具が登場。
IPhone SE分解レポート
またヘラが登場。テコの原理を思う存分駆使して次々と細かい部品を抜き出している。
IPhone SE分解レポート
これがLightningポート、ヘッドホン端子、スピーカーのワイヤー部分。全てこのように繋がっている。
IPhone SE分解レポート
これがスピーカー。単体で見ても全く分からない。
IPhone SE分解レポート
これが外向き(iSight)カメラ!「iPhone SE」は「iPhone 6s」と同じカメラを搭載している。
IPhone SE分解レポート

意外と苦戦したバッテリーの取り外し!ドライヤー登場

次にバッテリーを取り外す作業に取り掛かったのだが、突然、ドライヤーのような道具が登場。どうやらバッテリーの裏に取り付けてある接着テープを温め、バッテリーを取り外ししやすくすることが目的のようだ。
IPhone SE分解レポート
接着テープを取り外している図。チューインガムのような伸び方。
IPhone SE分解レポート
無事バッテリーの取り出し成功!今回、分解作業を行って頂いたSMARTの藤澤さん曰く「普段はもっと綺麗に取れる」とのこと。
IPhone SE分解レポート
「iPhone SE」のバッテリー容量は1,624mAhであることが判明。
IPhone SE分解レポート
ここで「iPhone 5s」のバッテリーと比較して見ることに。「iPhone 5s」の容量は1,560mAhだった。「iPhone SE」は「iPhone 5s」と全く同じ外観かもしれないが、電池容量は64mAh増えているようだ。
IPhone SE分解レポート
左が「iPhone SE」、右が「iPhone 5s」。
IPhone SE分解レポート

ロジックボード出現!ついに「A9」プロセッサー登場

さて、分解を続けよう。次にバッテリーの横にあった長細い部品を取り出そうとしている。
IPhone SE分解レポート
次々とネジを外しては横に出す藤澤さん。ちなみに今回分解した「iPhone SE」は最後組み立て直すそうだ。さすが職人……!
IPhone SE分解レポート
そしてついにロジックボードが出現!この中に「A9」や「M9」があるんだ!
IPhone SE分解レポート
一部部品を覆っていた金属を剥がしてもらうと……そこには「A9」チップが!ついに!初めて本物の「A9」チップを見た!凄い!しっかりと「A9」と書かれている!
IPhone SE分解レポート
横からロジックボード全体をチェック。
IPhone SE分解レポート
裏返すとTOSHIBAのフラッシュメモリを発見。Qualcommの通信用チップもあった。他は文字が小さすぎてルーペなしではよく見えない。
IPhone SE分解レポート

バイブレーター、音量ボタン、LEDフラッシュなど

まだまだ細かいパーツがある。次々と細かいネジが取り外されていく。
IPhone SE分解レポート
次に登場したのはバイブレーター。藤澤さんと「細かすぎてよく分からない」と盛り上がったが、よく考えてみたら藤澤さんは何度も分解しているはずなのでわざわざ僕に合わせてくれていたんだと言うことに今更気付く。藤澤さん優しい。でもまさかiPhoneの振動を起こしているパーツがこれほど小さいとは思っていなかったので……。
IPhone SE分解レポート
続いてメキメキと何かを剥がしている。
IPhone SE分解レポート
上から電源ボタン、マナーモードスイッチ、そして音量ボタンが分解されて登場!音量ボタンは上下が繋がっているらしい。
IPhone SE分解レポート
散らかった大量のネジ達。撮影しながら見ている限りでは後ほど組み立て直すためにある程度部品の場所を決めて置いているようだ。花粉症によるくしゃみが勃発しなくて良かった。
IPhone SE分解レポート
こちらがLEDフラッシュ。音量ボタンやマナーモードスイッチと一体化している。
IPhone SE分解レポート
これはWi-Fi用のアンテナだそう。絶対分からない。
IPhone SE分解レポート

初めてまじまじと見るiPhoneの内側が美しかった

バックパネルのパーツが次々と取り外され、ようやくバックパネルのみになった段階がこちら。新型iPhoneの発表前にリークすることが多いパーツだ。
IPhone SE分解レポート
初めてまじまじとiPhoneの内側を見たが、普段見慣れているはずのiPhoneとは全く異なる形だったので必要以上に撮ってしまった。以下、iPhone内部の美しさをお楽しみください!
IPhone SE分解レポート
IPhone SE分解レポート
IPhone SE分解レポート
IPhone SE分解レポート
IPhone SE分解レポート

浸水センサー、イヤスピーカー、「Touch ID」など

さて、分解作業もいよいよラストスパート。部品数の多いバックパネル側に対し、フロントパネル側はそれほど多くない。とは言え、iPhoneには欠かせない重要なパーツがいくつかある。
IPhone SE分解レポート
今回の分解作業で存在を初めて知ったのは浸水センサー。ドライバーの先が指している白いボタンのような部品が変色していると浸水していることを表すそうだ。
IPhone SE分解レポート
これは通話する時に相手の声を聞くためのイヤスピーカー。欠かせない。
IPhone SE分解レポート
続いて「Touch ID」。「iPhone SE」に搭載されているのは第1世代。
IPhone SE分解レポート
「iPhone 5s」の頃から進化しなかった内向き(FaceTime)カメラがこちら。
IPhone SE分解レポート

4月15日までの期間限定!保護フィルムプレゼント!

今回、「iPhone SE」の分解レポートを実現するために全面協力して頂いたのはiPhone修理・Android修理・パーツ・アクセサリ販売の専門店「SMART」。「iPhone SE」の修理対応は今後さらなる検証を行い、近日中に修理サービスを開始する予定とのこと。万が一粉砕しても「SMART」に駆け込めば大丈夫!

というのも、実は期間限定で特典が用意されている!4月15日までの期間中にiPhoneの修理対応(画面割れ、電池交換など)を行った場合、保護フィルムをプレゼントして頂けるとのこと!条件は、来店の際に「gori.me(ゴリミー)を見ました!」と元気よく言うこと。いや、元気よく言わなくても良いかもしれないが、聞き取ってもらえないと意味がないのでハッキリとお伝え下さい!修理ついでに修理したiPhoneに対応した保護フィルムをプレゼントしてもらえるそうだ。

外出する度にディスプレイが割れたiPhoneをむりくり使っている人を見かける。「iPhone 6」の画面割れなら12,800円から、電池交換は5,800円から。料金や見積もりなどは「SMART」の公式サイトからどうぞ!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!