【改悪】「Mac mini (Late 2014)」、底面カバーを取り外すためには専用の吸盤が必要に

Mac mini late 2014
性能の低下、そしてRAMの交換不可。次々と明らかになる「Mac mini (Late 2014)」の残念な仕様。待望のアップデートだったはずだが、期待を裏切られたような気がしてならない。


そして更なる改悪仕様が明らかになった。MacGenerationによると、Mac mini (Late 2014)」は底面カバーを取り外すためには専用の吸盤が必要になることが発覚した!

もしかして:ユーザーでメモリ交換ができないのでどうでもいい?

これはApple公式と思われる、「Mac mini (Late 2014)」の底面カバーを取り外す方法を解説したページがリークし、明らかになったもの。

Mac mini late 2014 【img via MacGeneration

上記画像には以下のように説明が書かれている。

1. Clean the underside of the suction cup with an alcohol wipe to remove dirt or dust before pressing the suction cup onto the bottom cover.
2. Gently push the clean suction cup onto the center of the bottom cover.


どうやら吸盤を押すことによって底面カバーに密着し、恐らく引いて取り外すような仕様になっているのだと思われる。

「Mac mini (Late 2014)」は謎の吸盤がなければ底面カバーが取り外しできない。色々と改悪仕様が明らかになっている今回の「Mac mini」。マイナーなモデルであるとはいえ、扱いがあまりにも酷すぎるのではないだろうか。


…と思っていたが、冷静に考えて底面カバーを取り外す必要がないのかもしれない。これまで「Mac mini」と言えば底面カバーを回すだけで簡単に取り外すことができ、メモリを交換することができたのが魅力だった。一方、最新モデルはRAMの交換ができない。よって、底面カバーを取り外したいと思う人もほとんどいないのかもしれない。

(via MacGeneration

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告