【悲報】「Mac mini (Late 2014)」、旧モデルに比べて性能が70〜80%程度に下がっている可能性

Mac mini late 2014

新しく発表された「Mac mini (Late 2014)」。念願のアップデートで多くの人が喜びの雄叫びを上げていたが、蓋を開けてみたらメモリが交換できなくなっているという、非常に残念な仕様が明らかになった。

新型「Mac mini」に対するガッカリ感が充満する空気の中、更なるガッカリ情報が明らかになった。ベンチマークサービス「Geekbench」でおなじみのPrimate Labsによると、Mac mini (Late 2014)」のベンチマークスコアは旧モデルよりも劇的に下がっている可能性があると予想している!

シングルコアの性能は向上し、マルチコア性能が大幅に低下?!

公開されたベンチマークスコアテストスコアはあくまでも予想値。これらが正しいかどうかは実際に購入者がベンチマークテストを実施すれば明らかになるが、現時点における予想としては「Mac mini (Late 2014)」のベンチマークスコアは「Mac mini (Late 2012)」よりも低くなると予想されている。

最新モデルに搭載されているプロセッサーは「Haswell」。一方、旧モデルに搭載されているプロセッサーは「Ivy Bridge」となっている。以下に上から順に下位モデルから上位モデル、そして4列目はBTOモデル同士のプロセッサー名とコア数の比較表を載せておく。

Late 2014 Late 2014 Late 2012 Late 2012
プロセッサー コア数 プロセッサー コア数
Core i5-4260U 2 Core i5-3210M 2
Core i5-4278U 2 Core i7-3615QM 4
Core i5-4308U 2 Core i7-3615QM 4
Core i7-4578U 2 Core i7-3720QM 4

言われてみればそうだった。旧モデルは上位モデルがクアッドコアCPUだったのが、今回は全てデュアルコアになっている。これは大幅な性能低下として数値に現れても不思議ではない。

Primate Labsによると、今回公開されているベンチマークスコアは同じプロセッサーを搭載しているデバイスの数値を参考に算出したもの。これらのスコアは実際のスコアに対して約5%以内の誤差で収まるだろうとのこと。

「Mac mini (Late 2014)」のシングルコアスコア(予想値)

まずはシングルコアスコアの数値から。さすがに「Ivy Bridge」から「Haswell」にアップデートされていることもあり、旧モデルと比べて2%〜8%ほど性能の向上が見られる。これらは過去に「Ivy Bridge」から「Haswell」にアップデートしたMacと同程度の性能向上とのこと。

Macmini october 2014 singlecore
【img via Primate Labs

「Mac mini (Late 2014)」のマルチコアスコア(予想値)

問題はマルチコアスコアの数値だ。ミドルレンジモデルは旧モデルに対して数値が7%減少。上位モデルは70%〜80%程度に性能が下がっている可能性があることが発覚した。あくまでも予想値とは言え、この衝撃は大きい。

Macmini october 2014 multicore
【img via Primate Labs

「Mac mini (Late 2014)」の購入を検討している人はもう一度改てしっかりと考えた方が良さそうだ。性能が向上していると期待して購入する最新モデルが旧モデルよりも性能が低いというのは非常に耐え難い。


(via Appleちゃんねる

もっと読むMac miniまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読