学生みんなが特待生。

「Mac Pro (Late 2013)」のCPUは自分で換装可能であることが発覚!

Mac Pro upgrading cpu

ハイスペックゴミ箱はあとからでも自分でプロセッサーを強化することができるようだ!

Other World Computing(OWC)公式ブログによると、Mac Pro (Late 2013)」のCPUは自分で換装可能であることが明らかになった!

プロセッサーを買えばユーザー自身で換装できて便利!

発売前は拡張性が問題視されていた新型「Mac Pro」だが、必要な箇所についてはしっかりと抑えられている模様。CPUもユーザー自身で換装できるため、購入当時に予算が足りなくてもあとから自分で変更することもできる。スペックが不足してきた場合も、あとからプロセッサーを自分で変更すれば済むのだ!

OWCは換装前と換装後の「Mac Pro (Late 2013)」のベンチマークテスト結果を公開しているので、載せておく!

まずはそれぞれに搭載されていたプロセッサーをチェック!

  • 換装前:Intel E5-1650 V2 6コア 3.50GHz(12MBキャッシュ)
  • 換装後:Intel E5-2667 V2 8コア 3.30GHz(25MBキャッシュ)

まずは換装前のプロセッサーによるベンチマークテスト結果。シングルコアが「3638」、マルチコアが「20777」となっている。
Mac Pro before changing cpu

換装後、シングルコアは「3715」、マルチコアは「27004」と大幅に強化されている!さすが8コア!
Mac Pro after changing cpu

新型「Mac Pro」は6コアモデルを購入しても後々自分でよりスペックの高いプロセッサーに変えることができるということが明らかになったので、カスタマイズモデルを購入したいという人は自分で換装するという選択肢も検討してみてはいかがだろうか!

Apple Online Store「Mac Pro (Late 2013)」をチェック!

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via 気になる、記になる…