学生みんなが特待生。

【Mac Pro (Late 2013)】「ハイスペックゴミ箱」の美しさはタダモノではなかった!新型「Mac Pro」開封の儀!

Mac pro late 2013

実際に自分の手で触れることなんてもっての外、自分の目で本物を見ることさえも当分できないと思っていた新型「Mac Pro。あくまでも大手制作会社などが購入する高性能Macであって、個人が買うものではないと思っていた。

僕は間違っていた。先日、僕の高校時代の友人があっさりと「Mac Pro (Late 2013)」を購入した。在庫が極めて少ないと言われている中、限定2台のうち、展示用として確保された1台以外のもう1台を誰よりも素早く店舗受け取りで予約。当日には手に入れていた。頭おかしい。

自分で開封することは一生ないであろうマシーンだったからこそ、今回は友人にお願いして新型「Mac Pro」開封の儀をやらせてもらうことに!どうぞご覧あれ!

何もかもが美しい!そして持ち運べるという驚きの軽さ

まず、新型「Mac Pro」が入っている箱そのものが旧モデルに比べてかなりサイズダウンしている。見た時にその小ささに思わず「嘘、あれ?!」と聞いてしまうほど、小さい。

間近で見ると相変わらず箱が格好いい。角度によって「Mac Pro」の文字が浮かび上がるところがオシャレだ。オシャレすぎる。
Mac pro late 2013

それでは早速開封の儀に移りたいと思う!この中に入っているハイスペックゴミ箱の姿はいかに!
Mac pro late 2013

この矢印に従って封を切る!ビリビリビリ!
Mac pro late 2013

蓋が重なっている部分があるので、それも外す!すると?!
Mac pro late 2013

ジャーン!発泡スチロールの中に見え隠れするのは、どう見ても「Mac Pro (Late 2013)」!これは熱い!
Mac pro late 2013

発泡スチロールを外してみた!40万円もするハイスペックゴミ箱だ!美しい…!
Mac pro late 2013

本体とは全く関係ないのだが、発泡スチロールが思いの外オシャレだったので単体で写真を載せておく。格好良いよ、これ!
Mac pro late 2013

これが電源ケーブル。
Mac pro late 2013

取り扱い説明書と新型「Mac Pro」限定の黒色Appleロゴスティッカー。これはまた別途でレビューする!
Mac Pro late 2013

すべての梱包材やプラスチックカバーなどを外すところまでが開封の儀。よって、新型「Mac Pro」本体に貼ってあるプラスチックも外しておく!
Mac pro late 2013

さらには内部まで開封してしまおう、ということで、新型「Mac Pro」のケースも外してみた!この写真では細部まで見えないが、内部の美しさについては別エントリーを用意しているので、お楽しみに!
Mac pro late 2013

最後に出てきた箱とツーショット!美しい!圧倒的に美しい!
Mac pro late 2013

Mac Pro (Late 2013)」は圧倒的に在庫数が少なく、実機を見る機会がほとんど無い人も多いと思うので、写真のみではなく、開封している様子を動画でも撮ってある。現在編集作業中なので、完成し次第公開する予定!

その他にも内部の詳細写真やベンチマークテストなど、新型「Mac Pro」の実機がなければ分からない情報を多数紹介する予定なので、お楽しみに!

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(photos taken by @jtc21