【Mac Pro (Late 2013)】外側だけではなく、ケースの内側にある基板さえも美しい!新型「Mac Pro」の外観をチェック!

Mac pro late 2013
開封の儀を行った「Mac Pro (Late 2013)」。実際に実機を見ると驚くほど小さく、軽く、圧倒的に美しい。

その美しさはやはりじっくり見なければならない!今回は新型「Mac Pro」の外側、さらにはケースを外した内側までじっくり写真でレビューする!どうぞご覧あれ!

Mac Pro (Late 2013)」の細部をチェック!

新型「Mac Pro」開封の儀では箱から取り出し、プラスチックを剥がすところまでで終わったが、今回は最高峰のMacの細部まで細かく紹介したいと思う!

まずは各種端子が設置されている箇所から見ていく!各種ポートの上にあるAppleロゴが程良い存在感を出している。
Mac pro late 2013
イヤフォンジャック、スピーカージャックの他、「USB3.0」対応ポートが4つ、「Thunderbolt 2」対応ポートが6つ、デュアルギガビットイーサーネットポートに「HDMI 1.4 UltraHD」ポートが1つ。HDMIポートの右にあるのは電源ボタン、下にあるのは電源ケーブルを刺す場所。写真に微かに写り込んでいるのは全体を覆っている光沢のあるケースを外すためのロックボタン。
Mac pro late 2013
これがそのロックボタン。このロックボタンのデザイン、「iOS 7」のボタンにあるUIを彷彿させる気がするのは考え過ぎだろうか。
Mac pro late 2013
ロックを外して外側のケースを外す前に、「ゴミ箱」と称される本体の上の部分を載せておく。確かにこの角度から見るとゴミ箱と言われても無理がないが、この光沢と言い、実際に持った時のずっしり感と言い、とてもゴミ箱とはバカにできないオーラを放っている。
Mac pro late 2013
それでは早速外側のケースを外してみる。高処理を可能にする冷却システムのクロースアップ。凄まじく格好良い。
Mac pro late 2013
マザーボードを接写で。言うなればただの基板ではあるが、ものづくりを全く経験したことがない僕でさえもパッと見て「あ、この基板の配置凄い整っていて綺麗だ」と思うほど、美しい。これがスティーブ・ジョブズが口うるさく言っていた内部の美しさなのだろう。
Mac pro late 2013
基板格好良い…!基板凄いよ、基板!
Mac pro late 2013
先ほどの冷却システムと基板をセットで撮ってみる。
Mac pro late 2013
上から見る基板。これは恐らくGPUの部分ではないだろうか。
Mac pro late 2013
こちらが最大64GBまで搭載することができるメモリ(RAM)を入れる箇所。メモリの取り出し方法については動画で紹介する予定だが、非常に簡単。ただし、現時点では16GBメモリは非常に高価。値下がりしたら新型「Mac Pro」ユーザーはここを押して自分で差し替えることになるだろう。
Mac pro late 2013
以上、「Mac Pro (Late 2013)」の詳細外観レビューをお届けしました!次回は新型「Mac Pro」限定とされる黒いAppleロゴスティッカーを紹介したいと思う!実機のベンチマークテストも測定済みなのでお楽しみに!

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(photos taken by @jtc21

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法