Amazon、「Apple TV」および「Chromecast」の販売を再開

Chromecast back on Amazon

Apple TV」および「Chromecast」がAmazonで販売を再開していることが明らかになった。これはAmazonの広報担当がCNETに対して認めたもので、Amazon.co.jpでも「Chromecast」の販売再開は確認できている。「Apple TV」は記事執筆時点ではまだ確認できていない。

Amazonは2015年に「Apple TV」の販売を終了。その理由として、AmazonのCEO Jeff Bezos氏は「プライム・ビデオアプリが提供されていないから」と説明していた。

幸いにも「Amazonプライムビデオ」は12月6日、「Apple TV」で利用可能になったている。無事アプリがリリースされたことを受け、Amazonも販売の再開を決断したのではないかと見られる。

一方、「Chromecast」は、AmazonがGoogleデバイスの販売を取り扱わないことを理由に、Google2018年1月1日をもって「Amazon Fire TV」でYouTubeの再生をできなくすることを発表したことを受け、販売再開したのではないかと予想される。なお、これにより「Fire TV」でYouTubeの視聴が継続されるかどうかは明らかになっていない。

【Google】Chromecast GA3A00133A16Z01 [ブラック]
売り上げランキング: 683

(via MacRumors

もっと読むApple TVまとめ
あわせて読みたい