Apple Watch Series 7が体温計測機能を実装できなかった理由、Series 8で実現か

技術的な理由により、体温計測はアルゴリズムの正確性が極めて重要

Solen feyissa 15v6smjHVHQ unsplash

Apple Watch Series 7は、体温計測機能の実装が計画されていたが実現しなかった。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、EVT(技術検証試験)時点でアルゴリズムの精度がAppleの求める基準に満たず、実装を見送ったという。

スマートウォッチは技術的な理由により、体温計測を可能とするセンサーの搭載が難しい。Appleは皮膚温度による体温計測を目指しているが、結果が環境によって大きく左右されるため「精度の高いアルゴリズムが必要不可欠」と解説している。

2022年の新型Apple Watch(Apple Watch Series 8)は、量産前にアルゴリズムの精度をクリアできれば実装される可能性があるBloombergやThe Wall Street Journalなども体温計測機能の実装を予測している。

Samsungも同様の問題に直面している。「Galaxy Watch 5」では体温計測機能の実装が噂されているが、「多くのメディア予想に反して、アルゴリズムの制限により実装されない可能性がある」と指摘している

Apple Watch Series 8の最新情報

4本の記事を表示する
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:625321)

    そこらのお店でおでことか手首をピッてやってるくらいの精度であれば正直いらないよなーと思いつつ🤔
    高精度期待!

「Apple Watch Series 7」新着記事
トレンド検索