Appleのクラシック音楽専用アプリは開発継続中。ただし正式リリース時期は未だ不明

コード内のアプリ名称を「Apple Classical」から「Apple Music Classical」に変更

Larisa birta slbOcNlWNHA unsplash

iOS 16.3のRC版に、クラシック専用アプリに関する新たな記述が発見された。発見当初は「Apple Classical」だったアプリ名称が、最新版では「Apple Music Classical」に変更に変更されていると判明。「このアーティストをクラシック音楽専用にデザインされたアプリで探す」と書かれた記述も見つかっている。

Appleは2021年8月、クラシック音楽ストリーミングサービス「Primephonic」の買収を発表。AppleはPrimephonicのUIに追加機能を組み合わせた、専用のクラシック音楽アプリケーションを2022年に公開すると約束していたが、未だにリリースされていない。配信楽曲はすべてロスレス/ハイレゾに対応し、Apple Musicの空間オーディオに対応した何百ものクラシックのアルバムが定期的に新しく公開される予定だ。

なおクラシック音楽を既存のApple Musicアプリに統合しない理由は、不明。作曲家など検索方法の違いが指摘されているが、個人的には既存ユーザーを守るため、Primephonicからアプリを統合しないことを買収条件として提示したのではないかと予想。Apple Musicの検索機能は恐ろしく使い勝手が悪く、分離すれば既存ユーザーは使い慣れたUIが引き継がれるだろう。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
更新日2023年01月20日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Music」新着記事
トレンド検索