Apple Japan、「Macの向こうから」シリーズ公開ーーMacを活用する学生を紹介

Apple Users using Macs

Apple Japanが、Macを活用する学生を紹介する「Macの向こうから」シリーズを公開している。

Macの向こうから」特設ページも用意され、先日スタートした学生・教職員向け新学期キャンペーン「新学期を始めよう」と連動した企画になっている。

登場しているのはロボットデザイナー、ツリーハウスデザイナー、ホテルプロデューサー、ミュージシャンとして活躍する大学4人。

「Macの向こうから」

東出風馬さんは、大学生でロボットデザイナー。すべての人に寄り添うロボットを生み出している。

稲垣信吾さんは、大学生で学生団体CLOWNのツリーハウスデザイナー。子どもたちにはじめて自然と遊ぶ喜びを届けている。

龍崎翔子さんは、大学生でホテルプロデューサー。ホテル業界にまったく新しい選択肢を届けている。

Momさんは、大学生でミュージシャン。業界の常識を壊す新しい音楽を生み出している。

東出風馬さんと稲垣信吾さんは旧型のMacBook Air、龍崎翔子さんは201年モデルのMacBook Air、MomさんはTouch Barが搭載されていないMacBook Proを使用している。




関連情報
更新日2020年05月05日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索