Apple、2021年ホリデーシーズンCM「Saving Simon」を公開

すべてiPhone 13 Proで撮影された”shotoniphone”シリーズ

Holiday Saving Simon

Appleが11月25日、公式YouTubeチャンネルを更新。毎年恒例となっているホリデーシーズンCMを公開した。

2021年は「Saving Simon」。1人の少女が作った雪だるま(Simonくん)を、家の冷凍庫の中で1年間大事に保管し続けるというストーリー。1年後のとある冬の日、雪が降り出したのでSimonくんを外に戻したところ、まさかのハプニングが……。

続きは本編を見てもらいたい。


ディレクションは、オスカー候補のフィルムメーカーJason Reitman氏とフィルムディレクターIvan Reitman氏の親子。すべてiPhone 13 Proで撮影されており、シネマティックモードや超広角レンズのマクロ撮影が活かされている。

メイキング動画も公開

メイキング動画も公開されている。片手で持てるサイズを活かし、通常のカメラでは持ち込めない狭い空間の撮影や、天井に貼り付けて固定カメラにするなど、iPhoneの特性を活かした撮影も取り入れられている。

またコロナ禍の撮影となっており、撮影クルーのほとんどがマスクやフェイスシールドを着用。来年はマスクをしていない撮影現場に戻っていることを願いたい。

関連キーワード
公開情報
更新日2021年11月27日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「AppleテレビCM」新着記事
トレンド検索