Apple、10.5インチ型「iPad Pro」のテレビCMを4本公開

New Apple TVCM for 105 iPadPro

Appleから「A10X Fusion」チップや「Apple Pencil」の性能をアピールするテレビCMが公開されている。

これらのテレビCMは実際に存在するツイートをもとに作られた内容。「もっとパワフルなコンピューターが欲しい」というツイートに対して「A10X Fusion」のパフォーマンスの高さをアピールし、「Apple Pencilの何がそんなに良いの?」というツイートに対しては入力時おけるラグのなさをアピール。


さらに、「WWDC 2017」終了直後には同様のシリーズとして「So many things to love」「A whote new kind of computer」を公開している。



今回公開されているテレビCMはApple Pencil以外、Apple製品について直接触れていないツイートを取り上げていることが特徴。「iPad Proはこのような要望に対しても応えることができる」ということをアピールしているように見受けられる。

個人的には「iPad Pro」でもこれまでは「大きい画面を搭載したiPhoneに毛が生えた」程度の存在だと思っていたが、「iOS 11」の登場により生産性が飛躍的に向上し、大きい画面を活かす機能の数々が登場。

ハードウェアとしてもしっかりと性能の底上げが行われ、パソコンの代わりを探している人にとって選ばれる確率がグッと上がってきた。

レポートをスマホで書いているような学生には良いかもしれないが、僕はパソコンを使えるが使いこなせない自分の母親世代にぴったりではないかと思った。

Apple新学期を始めようキャンペーン