「iOS 8」の「QuickType」は、文字入力時に最適な変換候補を文脈から予測してくれる新機能

Quicktype
iOS 8」の新機能は通知から直接メールに反応できる程度では収まらない!まだまだ便利で画期的な機能が多数紹介されている!

iOS 8」に導入された「QuickType」は、メッセージの返信内容や変換候補を文脈から予測し候補として表示してくれる新機能!文字入力が今まで以上に快適になりそうだ!

文脈を元に変換候補を表示!日本語にも対応予定!

文脈を元に変換候補を表示すると言うのは一瞬不気味に感じるかもしれないが、慣れるとかなり快適な文字入力が実現できそうな予感。例えば以下のように送られてきた「Do you want to go for dinner or a movie?」という文章に対して、「A movie」「Dinner」「Not sure」の3つの候補が表示されている。
Quicktype
当然、変換候補は使えば使うほど学習し精度が上がるため、送信する相手によって表示される変換候補も変わるようになる。例えば以下ではビジネスライクなやり取りをしている左側に対してフランクなやり取りをしている右側とは候補に挙がっている言葉のチョイスが全然違う。
Quicktype
「QuickType」は日本語にも対応する見通しとなって炒め、実際にどれほどの精度で利用できるのかが楽しみだ!

「iOS 8」に関する他の記事もチェック!


(via The Verge

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法