PASMO、年内にApple Pay対応へ iPhoneで利用可能に

モバイルSuicaの交通ICサービス1強の時代、終了へ

Pasomo coming to apple play

PASMO協議会は8月6日、2020年中にApple PayでPASMOが利用可能になる発表した。交通系ICカードのPASMOと同様に、電車やバスの交通利用、電子マネーによる買い物などをiPhoneやApple Watchでも利用できるようになる。

サービスの内容および開始日は、詳細が決まり次第発表する。Androidスマートフォン向けには「モバイルPASMO」が提供済み。発行手数料および年会費は必要とせず、定期券の購入や利用残高の確認が可能だ。

iPhoneおよびApple WatchはモバイルSuicaが利用できるが、定期券の購入はJR東日本の経路内に限定。PASMOのApple Pay対応により、私鉄ユーザーも交通系ICカードが不要になる可能性がある。

関連情報
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. toripiyo

    やっったあああああああああ!!!

  2. 通りすがりの読者

    利用路線が多いので、通期にSuicaとPASMOの両方を使ってるけど、上手いこと処理できるのかな?

  3. たってぃん

    キターーー
    ♪───O(≧∇≦)O────♪
    これは嬉しい!!

「スマホ決済・キャッシュレス」新着記事
トレンド検索