au WALLET 残高、仮想通貨からのチャージに対応

仮想通貨の出金先として、コード決済サービスを選択できるようになるのは「au PAY」が初

Au pay cryptocurrency

KDDIの提供する「au WALLET 残高」は8月21日、仮想通貨からのチャージ (入金) に対応することを発表した。仮想通貨の出金先として、コード決済サービスを選択できるようになるのは「au PAY」が初。

これまで、仮想通貨は銀行へ出金する必要があったが、ディーカレット社の提供する「DeCurret」アプリで仮想通貨の出金先として「au WALLET 残高」への入金が選択可能に。チャージされた「au WALLET 残高」は「au WALLET アプリ」から確認することができる。

DeCurrent App

これにより、簡単に仮想通貨を24時間365日即時で換金し、スマホ決済サービス「au PAY」や「au WALLET プリペイドカード」「Apple Pay」での決済サービスで買い物の支払いが可能になる。

「au PAY」は、「au WALLET」アプリに表示されるバーコードやQRコードを店舗のPOSレジや各種端末で読み取る、または店舗が提示したQRコードをアプリで読み込むことで利用できるスマホ決済サービス。

最近では対応店舗として「スギ薬局」「ビッグエコー」「JapanTaxi」「つぼ八」「ツルハグループ」「スシロー」「カラオケ館」「てもみん」「グローバル治療院」などが追加となり、順調に拡大している。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「スマホ決済・キャッシュレス」新着記事
トレンド検索