Google、仮想通貨およびICOに関する広告を6月以降禁止へ

JengabitcoinIMGL1743 TP V bitcoin drops google prohibits

Google金融サービスに関するAdWordsの広告掲載のポリシーを更新し、2018年6月以降、暗号通貨および関連コンテンツに関する広告の配信を禁止すると発表している。

関連コンテンツとは、イニシャル・コイン・オファリング(通称”ICO”)、暗号通貨為替、暗号通貨ウォレット、暗号通貨売買に関するアドバイスを含む。他にも差金決済取引、ローリング スポット FX、金融スプレッド ベッティングの宣伝が制限される。

仮想通貨に関するまとめサイトやアフィリエイトの広告出稿も禁止

また、下記に関するまとめサイトおよびアフィリエイトの広告配信も禁止される。

  • 差金決済取引
  • ローリング スポット FX
  • 金融スプレッド ベッティング
  • バイナリー オプションとその類似商品
  • 暗号通貨とその関連コンテンツ

Googleの承認があれば、差金決済取引、ローリング スポット FX、金融スプレッド ベッティングを提供する広告主はAdWordsに出稿することができるが、仮想通貨および関連コンテンツに関しては例外は用意されていない。

これを受け、ビットコインは一時期85万円台を記録するなど年明け以来の大暴落を記録。Facebookは今年1月に仮想通貨に関する広告の出稿を禁止している。

(via The Verge