bitFlyer、SFD導入を正式発表!現物とFXの価格乖離の縮小が目的

171208bitocoinIMGL0774 TP V

bitFlyerは2月8日、「Lightning現物」(BTC/JPY)と「Lightning FX」の価格乖離の縮小を目的とした「SFD(「Swap For Difference)」を2018年2月8日日本時間4時に導入したことを発表した

SFDとは、「Lightning FX」に適用される。価格乖離が10%以上になった場合、価格乖離が拡大する方向の約定をしたユーザーら約定金額(日本円)に応じたSFDを徴収し、縮小する方向の約定をしたユーザーにSFD を付与する、という仕組み。

SFDは約定ごとに発生し、ポジションの決済時に清算される。SFDの計算式は下記の通り:

SFD(日本円)= 取引数量 × Lightning FX 取引価格 × SFD 比率

SFD比率は下記の通り:

価格乖離 SFD比率
10% 以上 15% 未満 0.5%
15% 以上 20% 未満 1.0%
20% 以上 3.0%