PayPay、運転免許証のICチップを利用した本人確認に対応

Androidで2022年4月20日より提供開始、iOSも近日中に開始予定

PayPay、運転免許証のICチップを利用した本人確認に対応へ

PayPayは、運転免許証のICチップを利用した本人確認の手続きを2022年4月20日より開始する。「運転免許証のICチップの読み取り」と「セルフィー撮影」で手続きが完了する。Android版から先行して提供し、iOS版でも近日中に利用可能になる。

現在発行されている運転免許証には、氏名、住所、顔写真などといった個人情報が入力されたICチップが搭載されている。運転免許証の写真撮影を利用した本人確認の手続きと比較し、本人確認書類の偽造や他人によるなりすまし申請、データの改ざんといった不正を防止し、スムーズに本人確認を行える。

従来の運転免許証を利用した本人確認の手続きと比べて、個人情報の入力や本人確認書類の撮影が不要になり、審査時間の短縮が期待できる。

PayPayでは、銀行口座への出金やPayPayユーザー間での送金、受け取りが可能なPayPay残高であるPayPayマネーを利用する際に、オンライン上で完結する本人確認を実施している。2021年11月からは、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した本人確認の手続きを提供している。

詳細はこちらのページを確認してもらいたい。

公開情報
更新日2022年04月20日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「スマホ決済・キャッシュレス」新着記事
トレンド検索