「21_21 DESIGN SIGHT」で開催中の「単位展」が楽しすぎる!開催期間中に必ず行くべし!

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

六本木の東京ミッドタウン「21_21 DESIGN SIGHT」にて2月20日からオープンしている展覧会「単位展 – あれくらい それくらい どれくらい?」に行ってきた。

僕らの日常生活は「単位」で溢れている。「単位」が存在しているからこそ、僕らはりんごの大きさやペットボトルの内容量、自分の体重や身長が分かる。

「単位展」では、そんな僕らが日々当たり前のように使っている「単位」を様々な角度から見直すきっかけになるはず。僕は1人で入ってみたが、入場料1,000円以上の価値は間違いなくある、とても興味深い作品が多数展示されていた。

写真撮影可だったので、印象に残った作品を紹介する!

単位展 – あれくらい それくらい どれくらい?

「21_21 DESIGN SIGHT」の1階はショップ。地下が「単位展」となっている。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

入ったところに「単位のはたらき」が解説されている。当たり前のように使っている単位だが、無かったとしたら僕らの生活は確実に成り立たない。単位は偉大だなあ。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

Giraffe’s Eye

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

高い場所から「21_21 DESIGN SIGHT」を見ることもできれば…
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

一気にズームインすることもできる。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

りんごってどれぐらい?

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

「りんごの大きさを手で表してみて」と言われた時にどのぐらいのサイズを想像するだろうか。かざした手の形を認識し、その手の形がりんごの形に近いか、それとも他のもののサイズに近いかを表示してくれる作品。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

過去にチャレンジした人は見事りんごの大きさを表現出来た人もいれば、バランスボール級のサイズになってしまった人もいるようだ。僕の前の人はかぼちゃだった。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

「1メートル」の原器

1メートルの基準となる原器のレプリカが展示されていた。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

1mと1cmと1mm

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

1メートルと1センチと1ミリメートルを1ミリメートルを基準に可視化したもの。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

様々な長さの単位

長さの単位は様々。1間と1メートル、1ヤードと1尺の違いをこうして見ることができるのはとても面白い。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

質量の比較

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

同じ1kgでも使用する素材によって集めなければならない量が異なる。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

例えば、工事現場などにあるコーン1つは1kg。一方、同じ1kgを爪楊枝で実現するためにこれだけの量が必要。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

1ポンドをレンガとストローで表現した作品。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

情報の比較

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

映像の1GBと写真の1GBとテキストの1GBには大きな差がある。日々当たり前のように見ているYouTube動画がどれだけのデータ量を使用しているかがよく分かる。

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

時間の比較

「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

時間を可視化するために様々な機械やツールが生み出されてきた。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

5秒を測るという作品が面白そうだった。前にいたカップルは画面を見ながらやっていたが、画面を見ずにやった方がチャレンジングで楽しそう。
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHT

もっと読むデザインまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン