Instagramアプリ、”ショップ”タブを廃止へ。リールタブと置き換え

投稿ボタンが中央のボタンに配置、画面右上から移動へ

Instagram navigation system revamping

Instagramが、アプリ画面下部にある各種ボタン(ナビゲーションバー)の配置見直し発表した。”ショップ”タブを廃止し、現在中央にあるリールボタンと置き換える。現在画面右上に配置されている投稿ボタンがリールボタンを置き換え、画面の中央に配置される。

Instagramのサービス責任者のAdam Mosseri氏によると、配置見直しの理由は「ユーザー体験の簡略化」。新しいナビゲーションバーは来月2月に反映される予定だ。

ショッピング機能自体は廃止されない。ナビゲーションバー変更後も、フィード、ストーリー、リール、広告を経由した買い物は利用できるという。

Mosseri氏は度々ユーザーのためを思っているような発言をしているが、発言にサービスの運営方針が伴っていない。「よく言われる」というiPadアプリの開発を後回しにし、ユーザーの求めていないアルゴリズム重視のニュースフィード、必要以上にリールを重視した”TikTok化”、リコメンド投稿の割合増加、をアプリに反映。最近は発見やプロフィールタブに広告を増やす方針を明らかにしている。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Instagram」新着記事
トレンド検索