Google、「not provided」問題を解決へ!自然検索経由の流入キーワードを取得できる可能性

Google Logo

【img via Google Lego 50th Anniversary Inspiration by manfrys

Google Analyticsを見ると検索キーワードに表示されている「not provided」。これはGoogleが2011年10月にウェブ検索をSSL暗号化したことに伴い、Google経由で訪問してきたユーザーの検索キーワードが取得できなくなったことが原因だが、近々これが解消されるようだ!

GoogleのシニアバイスプレジデントAmit Singhal氏によると、Googleは「not provided」問題を今後数ヶ月以内に解決する方針であることを発表した!

自然検索経由の流入キーワードがまた取得できるように!

これはアメリカで開催されている「Search Marketing Expo(SMX) West 2014」にて発表されたようだ。数々の参加者がSinghal氏の発言をツイートしている。

自然検索経由の検索キーワードはウェブの運営において非常に重要なデータである。突然取得できなくなってから2年半前、ようやく解決手段がGoogleから提示されるようだ。2011年10月以前のようにキーワード情報が取得できるようになるのだろうか。

(via ASCII.jp

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索