Google、「not provided」問題を解決へ!自然検索経由の流入キーワードを取得できる可能性

Google Logo 【img via Google Lego 50th Anniversary Inspiration by manfrys

Google Analyticsを見ると検索キーワードに表示されている「not provided」。これはGoogleが2011年10月にウェブ検索をSSL暗号化したことに伴い、Google経由で訪問してきたユーザーの検索キーワードが取得できなくなったことが原因だが、近々これが解消されるようだ!

GoogleのシニアバイスプレジデントAmit Singhal氏によると、Googleは「not provided」問題を今後数ヶ月以内に解決する方針であることを発表した!

自然検索経由の流入キーワードがまた取得できるように!

これはアメリカで開催されている「Search Marketing Expo(SMX) West 2014」にて発表されたようだ。数々の参加者がSinghal氏の発言をツイートしている。



自然検索経由の検索キーワードはウェブの運営において非常に重要なデータである。突然取得できなくなってから2年半前、ようやく解決手段がGoogleから提示されるようだ。2011年10月以前のようにキーワード情報が取得できるようになるのだろうか。

(via ASCII.jp

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった