【外人のチャレンジ精神に乾杯】派手に転びすぎ!ランニングマシーンの失敗を集めた動画

Running machine
ジムに行ったことがある人であれば、一度はランニングマシーン(別名:ルームランナートレッドミルジョギングマシーン)を使ったことはあるだろう。ベルトコンベア状の踏み台でひたすら走り続けるフィットネスマシーンだ。

基本的には自分が走れるペースに合わせ速度を調整することが基本となっているが、自分を追い込みたいのか、限界ギリギリのところまでスピードを上げる人もいる。限界ギリギリのところでとどまっていればまだしも、時にはランニングマシーンについていけず、派手に転んだり、吹き飛ばされたりする場合もあるようだ。

ランニングマシーンの失敗を集めた動画が、痛そうだけど見ていて笑わずにはいられなかったので、紹介しておく!

笑ってはいけないと分かっていても笑ってしまう失敗多数

ランニングマシーンのスピードを上げすぎると足がついていかずに転んだり吹っ飛んだりするというのはわざわざ試さなくても分かる。ただ、やはり外人のチャレンジ精神は並大抵ではない。やる時はやる、追い込む時は追い込む。

だからこそ笑ってはいけないと分かっているが、まるで漫画の世界のような、あまりにも失敗が大胆すぎて笑わずにはいられない。どれも「どんだけ転ぶんだよ!」「どんだけ吹っ飛ぶんだよ!」と言う失敗ばかり。ランニングマシーンで全力に挑む熱い気持ちが完全に空回りしている失敗が多数まとめられているので、どうぞご覧あれ!



転んだり吹っ飛んだりするのはまだしも、ランニングマシーンそのものが壊れるのは一体何事だ!日本だとあまり見かけたことがないが、海外では自宅にランニングマシーンがある家庭も多いのだろうか。自宅でランニングマシーンがあるのは相当羨ましいな…僕もいつか一軒家を買ったらトレーニング専用の部屋を作ってランニングマシーンを置きたいな!

(via CuRAZY

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法