自作PCをパスタで組み立てた人が話題に(しかも正常に動作する)

Pasta PC that works

厳密には「PCケースをパスタで作った」と表現することが正確なのかもしれないが、いずれにせよ凄い。世の中には本当にぶっ飛んだことを思いつく人がいるものだ。

YouTubeチャンネル「Laplanet Arts」が、パスタで自作PCを組み立てる様子を動画で公開した。パスタと言ってもスパゲティではなく、上下にはラザニアシートを敷き、隙間にはリガトーニ(円筒状のパスタ)を敷き詰めている。

ちなみにトマトソースに見えるのはパスタ同士を繋げるために赤く塗られたノリ。ラザニア感が出ている。

一部機能では動作がもたついていたが、普通に使えている

PCとしてのハードウェアは故障していた「Asus Transformer」を分解し、マザーボード、バッテリー、ボタン、外部ポートなどのパーツを流用。

実際にディスプレイに繋いでみたところ、全く問題なく動作することを確認。一部、Huluでの動画再生やGame Boyエミュレーターを使ったゲームプレイなどではもたつく様子もあったが、PCケースがリアルパスタであることを除けば「スペックの低いWindowsマシーン」でしかない。

25分以上もある動画だが、実際に動作しているところを見ると思わず「人って本当にバカだなあ(最高の褒め言葉)」と言いたくなる。いや本当にすごい。

以下どうぞご覧あれ!