iOS 13が動作するiPhone Xを初代Macintoshのキーボードとマウスで操作する動画が公開

他にもiOS 13の外部ストレージ認識機能をiPodやフロッピーディスク、Kindleなどで検証する動画も公開

Original mouse and keyboard connected to iphone

iOS 13」および「iPadOS 13」ではアクセシビリティ機能としてマウスが利用可能になった。

その機能を活かし、「napabar」というYouTubeチャンネルがiOS 13」をインストールした「iPhone X」に初代Macintoshのキーボード(M0110)とマウス(M0100)を接続して使えるかどうかを検証する動画を公開している。

結論としては、問題なく動作。接続するために超ニッチなアダプタを取り扱うサイトから取り寄せ、接続することに成功。完全に誰得な検証だが、この情熱は素敵だ。

なお、「M0110」のキーボード周りにあるベゼルを除いたサイズは、「Magic Keyboard」と同じであるそうだ。キーボードの形状や形、キートップのデザインなどは進化しているが、基本的なサイズが近いというのは興味深い。

iOS 13の外部ストレージ認識機能をiPodで試す検証動画も公開

他にも「iPod nano (第2世代)」を「iPhone X」に接続し、「iOS 13」で提供開始された外部ストレージを認識する機能を検証する動画も過去に公開している。この動画ではいくつか興味深い指摘をしている。

1つは、iPhoneにiPodを接続すると、iPhoneからiPodに給電することが確認できたということ。

もう1つは、iPhone側でiPodを外付けドライブとして認識できたものの、iPodがFAT32でフォーマットされていることが条件であり、HFS+では認識されないことが確認できたこと。

また、iPod内に連絡先やカレンダー情報が保管されている場合、それらをiPhoneに取り込むことができるようだ。

他にもフロッピーディスクKindleが認識されるかの検証など、実にマニアックな検証を行っているYouTubeチャンネルなので、興味ある人はチェックしてみるべし!

(Source: 9to5Mac

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「おもしろ動画(Vine・YouTube)」新着記事
トレンド検索