iOS 6.1で光の反射を再現しているのは金属製ボタンだけではなかった!細かすぎて誰も気付かないAppleのこだわりに感動した!

Lockscreen iOS 6.1 【img via Cult Of Mac

Appleの細部に対するこだわりには定評がある。

iOS 6の金属製ボタンが光の反射を再現していると話題になったが、iOS 6.1で進化したロックスクリーンに表示されるミュージックプレイヤーの金属製ボタンも同様に設計されていることが分かった!そしてさらに細かいこだわりも…!


金属製ボタンに加えて新たな場所も反射を再現!

ロックスクリーンのミュージックプレイヤーは以前に比べてスッキリとしたUIになった。UIに金属製ボタンを採用しているので、端末と傾けると光の反射を再現してくれるのだが、今回Appleはさらに細かいところに目をつけていた。

ミュージックコントロールと音量バーの間にある光に注目!実はボタンと同様に変化しているのだ!!

以下に動作中の動画を貼り付けておく!



それぞれの状態をスクリーンショットで見ると以下のようになる。
ロックスクリーン 傾き
ボタンの変化でさえほとんどの人が言われるまで気付かなかったのに、Appleはさらに細かいこだわりを見せている!

僕はこういうこだわりがたまらなく好きだ!これからもあってもなくても大半の人が気付かない機能をこっそりと実装しているAppleで居続けて欲しいな!

(via Cult Of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!