iOS 14:デフォルトブラウザをSafariからChromeに変更する方法

設定アプリ内からデフォルトブラウザにしたいアプリを指定する必要がある

IOS14 features worth trying 02

iOS 14iPadOS 14では、メールとブラウザのデフォルトアプリをサードパーティアプリに変更できる。iOS 13以前は、「メール」と「Safari」が強制的に起動する仕様だった。

利用にはサードパーティアプリの対応が必要だが、GoogleはChromeアプリをデフォルトアプリとして指定可能にするアップデートを配信済みiOS 14にアップデート後、設定を変更すればChromeアプリが起動するように設定できる。

設定方法:Chromeの設定からデフォルトアプリを指定

iOS 14でChromeアプリをデフォルトブラウザに指定する場合、Chromeアプリの設定から行う。

設定アプリを開き、アプリの一覧から「Chrome」を選択する。「位置情報」や「Siriと検索」などの下に「デフォルトのブラウザApp」という項目が追加されている。タップするとSafariが選択されているが、Chromeに変更できるようになっている。

指定後、アプリ内でブラウザを開く場合はChromeが起動する。ただしSafariからホーム画面に追加したサイトは、デフォルトブラウザを変更後でもSafariで起動する仕様だ。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOSの使い方・設定」新着記事
トレンド検索