ソフトバンクオンラインショップ

Google Chromeアプリ、iOS 14のデフォルトブラウザ機能をサポート

iOS 14およびiPadOS 14にアップデート後、すぐにデフォルトブラウザをSafariからChromeに変更できる

Chrome on iPhone 01

iOS 14およびiPadOS 14では、メールとブラウザのデフォルトアプリを変更する機能が提供される。iOS 13までは「メール」と「Safari」が強制的に起動する仕様になっていた。

デフォルトアプリの設定は、iOS 14へのアップデートとブラウザアプリの対応が必要だ。Google Chromeアプリは9月11日、最新のアップデートでデフォルトアプリをサポートしたことが明らかになった。

ベータ版、パブリックベータ版で変更可能に

ブラウザをサードパーティアプリにした場合、アプリ内に表示されているブラウザアイコンをタップすると、Safariではなく指定したアプリが立ち上がる。設定の変更は、「設定」アプリを開き、一覧の中から「Chrome」をタップ。「デフォルトのブラウザApp」が追加されており、「Chrome」を指定できる。

iOS 14およびiPadOS 14はまだ開発中だが、近日中に一般公開される可能性が高い。Appleは、日本時間9月16日2時にスペシャルイベントの開催を予定している。

関連情報
更新日2020年09月12日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. Yuri

    これはありがたいです!
    Chrome派としてはSafariが開いちゃうといろいろ不便なんすよね…

「iPhoneアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索