Google Chrome、最新アップデートでHTTPS非対応サイトに「保護されていない通信」ラベルを表示へ

Not Secure Sites Chrome 68 01

Googleは25日、「Google Chrome」の最新バージョン「Chrome 68」を正式にリリースし、すべてのHTTPサイト(HTTPSではないサイト、SSL化していないサイト)に対し、「保護されていない通信」ラベルが表示される仕様になった。

この仕様変更は今年2月に予告Googleの調べによると、Chrome経由のトラフィックの上位100サイトのうち、81サイトはHTTPS対応しているとのこと。逆に言えば、約2割のサイトは対応しておらず、「保護されていない通信」ラベルが表示されることになる。

次期アップデートの「Google Chrome 69」ではHTTPS対応のラベルを非表示にすると案内されている。リリース予定は9月。

また、「Google Chrome 70」ではセキュアであるべきフォームで個人情報を入力しようとするとラベルが赤く反転し、「保護されていない通信」ラベルが表示される仕組みになるとのこと。リリース予定は10月。

gori.meは2017年1月末にSSL対応が完了している。

もっと読むGoogle Chromeまとめ