Google Chrome、すべてのHTTPサイトに「安全ではない」警告を表示へーー2018年7月以降

MAR88 anzendaiichi15112153 TP V security is important

Googleは米国時間2月8日、2018年7月にリリースされる「Google Chrome 68」以降はすべてのHTTPサイトに対し、「安全ではない」警告を表示する発表した

これまでURLの左には丸の中に「i」が書かれたアイコンが表示されていたHTTPサイトは、今後「Not Secure(安全ではない)」という警告表示が加わる。

Treatment of http pages

HTTPS未対応サイトは早急に対応を

Googleは2014年8月にHTTPSサイトを検索順位で優遇することを発表し、翌年の12月にはHTTPSページを優先的にインデックスすることを発表した。

Chrome経由のトラフィックのうち、AndroidとWindowsは68%以上、Chrome OSとMacは78%以上がHTTPS対応による保護された通信を実現。上位100サイトのうち、81サイトはHTTPS対応している。

gori.meも昨年1月にようやくHTTPS対応が完了した。

今夏、「Google Chrome」ではHTTPS対応していないウェブサイトはユーザーが明確に分かるように明示される。Googleはウェブ開発者に引き続きHTTPS対応を推奨している。

まだ対応していないウェブメディアやサービス、ブログなどは見受けられる。重い腰を上げて夏までに対応完了させましょう!

(via The Verge

もっと読むGoogle Chromeまとめ