Google Chrome 69、HTTPS対応のラベルを非表示に

Https indicator is disappearing

Googleは、「Google Chrome 69」においてHTTPS対応済みサイトに表示されている「保護された通信」ラベルを非表示にする変更を行うことを発表した。海外SEO情報ブログによると、現状、URLの先端に表示されている「https://」も非表示になるとのこと。

鍵アイコンは残されるが、見慣れた緑色ではなくURLと同じカラーになる。最終的には鍵アイコンも表示されなくなることを明らかにしている。

セキュリティに守られていることが当たり前、という考え

アクセスしているページがセキュリティで守られていることを明示化するために導入された「保護された通信」ラベルや鍵アイコンだが、Googleとしては「ウェブの通信はセキュリティに守られていることが当たり前」という考えのもと、非表示にする計画を進めているそうだ。

Google Chrome 69」は2018年9月にリリースされる予定。

一方、HTTPS非対応サイトに関してはその危険性が以前よりも強調される仕様に変わる。下記のようにセキュアであるべきフォームで個人情報を入力しようとするとラベルが赤く反転し、「保護されていない通信」ラベルがユーザーに訴える仕組みになる。

Not secure pages

これらは2018年10月にリリースが予定されている「Google Chrome 70」で実装されるとのこと。

今やHTTPSサイト対応は当たり前。大手サイトだけではなく、個人運営サイトやブログもなるべく早く対応した方が良さそうだ。

もっと読むGoogle Chromeまとめ