Google Chrome、「メモリセーバー」「省エネモード」が実装へ

メモリ使用量は、最大40%減に相当する最大10GBも削減される

PerformanceControls Header max 1000x1000

Googleは12月8日、デスクトップ版のChromeアプリで使用メモリを節約する「メモリセーバー」機能、電池消費を抑えバッテリーを長持ちさせる「省エネモード」を実装すると発表した。メモリ使用量は、最大40%減に相当する最大10GBも削減されるという。

メモリーセーバー

メモリーセーバーは、未使用のタブで使用しているメモリを解放することで、使用しているアクティブなタブが最大のパフォーマンスが得られるように最適化する仕組み。非アクティブになったタブは、必要に応じて再読み込みされる。Ars Technicaによると、特定のウェブサイトに対し、適用しない設定も用意されているという。
Chrome メモリセーバー

省エネモード

省エネモードは、デバイスのバッテリー残量が20%以下になると有効化。ウェブサイトに実装されているアニメーションやビデオなどのバックグラウンド動作やビジュアルエフェクトを制限する。
Chrome 省エネモード

メモリーセーバーと省エネモードは、いずれも今後数週間のうちにmacOS、Windows、ChromeOS向けに順次配信する。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
更新日2022年12月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Google Chrome」新着記事
トレンド検索