M1対応のChrome、非対応バージョンより80%高速化

x86バージョンのChromeより劇的進化しているが、それでもSafariのほうが圧倒的に優れている

Chrome M1 Native VS x86 comparison 01

M1チップに最適化されたGoogle Chromeは、Rosetta 2上で動作するx86バージョンに比べて最大80%も高速化していると明らかになった。Ars Technicaが検証結果を公開した。

使用した検証ツールは、ウェブアプリケーションの反応をテストする「Speedometer 2.0」、JavaScriptとWebAssemblyの性能をテストする「JetStream2」、グラフィックアニメーションの性能をテストする「Motion Mark 1.1」の3種類。いずれの計測においてもネイティブバージョンはx86バージョンを上回るスコアを記録した。

M1チップ搭載Mac mini Speedometer 2.0 JetStream2 Motion Mark 1.1
Safari 227 237.7 1690.1
Chrome
ネイティブ
210 156.9 726.4
Chrome
x86
116 93.1 435.7

体感できるほど高速化したChromeのネイティブアプリだが、Safariには最大60%近くも差をつけられている。特にグラフィックアニメーションの描画力は、Safariのほうが圧倒的に優れている。

Chromeのネイティブアプリは、公式サイトより別途ダウンロードする必要がある。

 

関連情報
カテゴリGoogle Chrome
更新日2020年11月23日
コメント(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    非対応が非応対になってます!

    1. g.O.R.i

      本当だなんで気づかなかったんだろう……ありがとうございます。修正しました。

  2. 通りすがりの読者

    Chrome一切使わないので擁護する必要もないですが、確か以前ゴリさんも拡張機能を挙げて「Chromeでないとできないことがある」と仰っていたと思いますから、速度だけで優劣付けるのも如何なものかと。

    まあ、始まったばかりなので今後に期待ですよね!

    1. g.O.R.i

      もちろん、もちろん!!純粋に速度だけ見るとやっぱり純正アプリに勝てねぇよなぁ🤯って気分です笑。

      まぁそれでも僕はChromeを使っていますし、ネイティブ化して高速化したのであれば、それはそれで大歓迎ですね笑。はぁーM1 Mac楽しいーーーー!!

「Google Chrome」新着記事
トレンド検索