ソフトバンクオンラインショップ

M1搭載MacBook AirでOfficeとAdobeアプリを次々と起動する映像

ベースモデルだとしてもサクサク起動するM1チップの凄さ

MacBook Pro M1 Chip lid closed 01

M1チップ搭載MacBook Airのベースモデルは、最適化されていないアプリでも問題なく動作するMicrosoft Officeアプリ(Word、Excel、Powerpoint)Adobe Creative Cloudアプリ(Illustrator、Photoshop、Premiere Pro)を次々と起動した映像が公開されており、M1チップのパフォーマンスの良さを物語っている。

データ量の多いエクセルファイル、ChromeやSafariなどのマルチタスクを検証した動画も

M1チップ搭載MacBook Airのベースモデルでアプリを次々と爆速で起動する映像では、M1チップに最適化されている純正アプリを起動していたため、Dockで一度バウンスして即起動していた。OfficeやAdobeアプリは数回バウンスするものの、僕がメインで使用している16インチ型MacBook Pro(2019)よりも起動が早い。

M1チップ搭載MacでOfficeアプリの挙動を気にする人も多いが、Intel Macに比べて快適に動作する可能性は高い。以下の動画では、41.6MBのExcelファイルを起動する様子が公開されている。関数などは使用していないが、膨大なデータ量をなめらかにスクロールし、フィルターで素早く精査している様子が確認できる。

動画の後半ではマルチタスク機能も検証。30MB以上のExcelファイルを数種類、複数のタブでYouTubeを再生したSafariとChrome、Photoshopを8GBのRAMで快適に使用している。なお動画公開時はChromeは最適化されていない。ネイティブアプリがリリースされ、パフォーマンスが大幅向上している。

 

関連情報
カテゴリMacBook Air
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索