Microsoft Office、最新アップデートでAppleシリコンをネイティブサポート

ユニバーサルアプリになったことで、M1 Macのパフォーマンスを引き出せるように

Microsoft office optimized for apple silicon

Microsoftは12月16日、Mac向けにOffice 2019アプリおよびOffice 365をアップデート。最新バージョンでは、M1 MacなどのAppleシリコンMacをネイティブサポートしたユニバーサルアプリになった。

対象アプリは、Word、Excel、Powerpoint、Outlook、OneNote。仮想環境「Rosetta 2」の上で動作するよりも高速に動作し、M1 Macの持つパフォーマンスを活かせるようになるという。

Microsoftは、今後数週間以内にOffice 365アプリのiCloudアカウントのサポートも発表。OutlookはmacIOS Big Surに合うデザインに刷新され、本日よりiCloudアカウントが登録できるようになった。

Mac向けのアップデート内容はMicrosoftのブログから確認できる。

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Microsoftニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索