Adobe、M1チップ搭載Macに最適化されたPhotoshopネイティブアプリのベータ版をリリース

AppleシリコンMac向けのネイティブアプリが11月17日、ベータ版としてリリース

Apple new macbookpro photographer photo 11102020

Adobeは11月17日、M1チップ搭載Macに最適化された、Photoshopネイティブアプリのベータ版「Photoshop (Beta) 」をリリースした。Creative Cloudアプリの「ベータ版アプリケーション」からダウンロードできる。

Photoshop (Beta)
Photoshop (Beta)

なお手元にあるM1チップ搭載MacBook Proでテストしたところ、Adobe Photoshopの従来バージョンも問題なく動作。Camera RAWも想定どおり動作し、各種設定やプリセットは従来通り利用できた。

AdobeのPhotoshop、Lightroom、Lightroom Classicは、M1チップを内蔵したMacが発売当初はネイティブで動作せず、Rosetta 2を使用したエミュレーションモード上で動作する。Lightroomは12月中、Photoshopは2021年初頭にユニバーサルアプリとしてネイティブ対応すると発表されている。Adobe製品でAppleシリコンMacの性能をフルに発揮できるまで、しばらく待つ必要がありそうだ。

関連情報
更新日2020年11月18日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索